家

不動産投資セミナーで知識を学ぶ|未来の糧になる

アパート経営を楽にする法

住宅模型と鍵

管理業務を丸ごと委託

賃貸住宅を運営する場合、規模にもよりますがマンションの場合は管理会社に日常的な管理業務を委託するのが一般的です。一方、アパートの場合は個人の管理人を雇うことはあるものの基本的には家主が直接管理します。そのため、日常の管理業務はかなりの部分を家主が自ら行うことになります。しかし最近では、小規模なアパートでも管理会社に業務を委託するケースが増加しています。特に、サブリースという管理方式は家主の負担を大幅に軽減できるとして人気を呼んでいます。サブリース方式を採用すれば、家主は清掃や修繕といった日常業務ばかりでなく、入居者の募集や審査、家賃の収納や督促といった業務まで全面的に委託することができます。いわゆる兼業オーナーなどにとっては非常に大きなメリットを持つ運営手法です。

収入保証も受けられる

サブリースがなぜ家主の負担を大幅に軽減できるかというと、それはこの方式が転貸制度に依っているからです。つまり、家主は入居者にではなく管理会社に物件を賃貸し、管理会社による個々の入居者への転貸を許可することで賃貸経営を行うのです。この際、ほとんどのサブリース契約では家賃保証というシステムが採用されています。これは、家主は入居者の確保を管理会社に全面委任する代わりに、家賃の一定額の支払いを保証されるというものです。このシステムにより、家主は通常であれば空き室が発生すればその分家賃収入が減ってしまうところを、入居状況に関係なく毎月一定の収入が得られることになります。つまりサブリースは、業務の負担軽減と収益の安定化という2つのメリットを持つ運営手法なのです。