家

不動産投資セミナーで知識を学ぶ|未来の糧になる

マンション経営で大事な事

マンション

入居者を満足させる管理

安定した収入を得るには不動産投資が適しています。その中でも人気なのがマンション経営です。マンション経営のメリットはアパート経営に比べて入居戸数が多いという点です。それだけ家賃収入が多くなり、安定した経営ができるのです。ただしマンション経営ではマンション管理の問題があります。アパートのように入居戸数が少ない場合はオーナー自ら管理することも可能です。しかしマンションのように入居戸数が多い場合はマンション管理が専門の会社に委託することになります。マンション管理のポイントは、いかに入居者が満足できるサービスを提供できるかという点です。ですから管理会社の選び方がとても大事になってきます。長い実績のあるマンション管理会社を選ぶのが基本です。

契約前にやっておく事

マンション管理会社の業務というのは建物のメンテナンス、諸設備の点検管理、共用部分の清掃、家賃の管理、住民トラブルの対応などです。管理会社によってはメンテナンスや清掃などを下請け業者にまかせているところもあります。また家賃の管理だけはオーナーが担当するケースもあります。マンション管理のどの部分までを委託するかは契約時に決めます。委託費用を払うのはオーナーなので、もし現行の管理会社に対する住民からの不満が出た場合は、管理会社を変更することができます。これは最も大事な点なので、契約書にしっかり明記しておく必要があります。管理会社と契約をする時は、実際にその会社へ出向いてスタッフや社員の対応や社内の雰囲気を知っておくことが大切です。安心して任せられる管理会社かどうかがわかります。